ex Eze:qul 繭霞(まゆか) 繭霞の戯れ言(過去の経緯)

戯れ言

事故

訪米1 2000/10 ~ 2000/12

事故後〜再活動まではN.Yにて生活していた。

主に精神的なリハビリと、今後の事を考える時間が欲しかったため。

滞在中にカナダへ日帰り旅行に出かけるが、入国の際に日帰り滞在を疑われ空港にて3時間程拘束されたが、理解してもらいナイアガラの滝を見て帰るだけの理不尽な小旅行になった。

ハドソン川でのナイトクルーズやファイヤーアイランドでの別荘生活は最高の思い出となった。

訪米2 2004/5 ~ 2004/8 (引退後)

自営の方も軌道に乗り、取引会社様の許可を得て、休暇がてら海外での作業〜サポート業務に就く

連日事務所での作業だと息が詰まるので、時には非日常が好ましい。

N.Yの家の方は庭にプールもあるので、早々に無線LANを導入しプールサイドで仕事をする。

暑くなれば、服を脱ぎ捨てて泳げるのも魅力だ。

先方のハード的トラブルも無く、安心して滞在でき充実した渡米だった。

訪米3 2007/8 ~ 2007/11 N.Y 〜 チリ 〜 アルゼンチン 〜 ブラジル

友人が訪米を望んだのでの、便乗して行く事になった。

仕事が忙しく、N.Yの自宅から出る事は殆どなかったが、アルゼンチン行きは休暇をとり満喫した。

主な目的は、一応遠い親戚にあたるアルゼンチーナが結婚すると言う事もあり参加したのだが、南米アルゼンチンでは様々な経験が出来た。

文化の違いや貧富の差、私の中で大きな意識開花はココにあったと言わざる負えない。

後日、この結婚式に日本人が参加したと言う事で地元紙に友人と私の名が刻まれたのは意外な事実

小旅行 グアム 2008/10 ~ 2008/11

取引会社のオーナー様のご好意で、グアム旅行に連れて行って頂きました。

昼は観光、夜はホテルに戻り持参したPCで仕事。

折角の旅行なのに仕事?とは思うが、環境が変われば発想力も変わるもので、充実した作業も行う事が出来た。

自由時間は一人で過ごし、精神的なリフレッシュする事が出来、オーナー様には感謝している。

こんな感じで生きております。

今日では、仕事のプロジェクトで韓国等にも出向していますので、不意に連絡がつき難く余計な心配をさせている事もあります。

プライベートでは夏場はよくキャンプに行き、星空を眺めるのが好きです。

道中で、ハーレーの集団を見てからは、年甲斐にも無く大型二輪の免許を取得し、私自身もハーレーを狩って旅に出る事もしばしば。

音楽と言う舞台からは下りましたが、充実した生活をまぁまぁ送れているかなと自負しております。

普段の週末は、行きつけの呑み屋にて呑んでいるのが習慣となっていますね。